フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

フリーランスプログラマの在宅案件をご紹介

Webシステム開発のおすすめ在宅フリーエンジニア案件

WEBプログラミングの知識を持つフリーランスプログラマなら、WEB系システム開発案件が狙い目です。IT業界の中でもWEB系企業ではどこも慢性的な人手不足に悩まされていて、求人数は増える一方です。通勤を必要としない在宅プログラマ・デザイナーの求人募集も多く、遠方にお住まいの方でも問題なく応募することができます。以下に案件の例を紹介します。

業務内容の例

フリーランスプログラマに請け負ってもらう仕事は、Webシステム開発全般、Webデザイン、アプリ開発などが多いようです。作業はすべて自宅で行えますので、締切さえ守れば自分の好きなペースで仕事を進められるメリットがあります。在宅勤務の経験者が複数在籍しているような企業であれば、リモート環境も整っていて、分からないことがあれば何でも相談することができるでしょう。

報酬の例

報酬はプロジェクトごとに支払われる場合が多いようです。最初は仕事開始時に着手金として半額、仕事完了後に残りの半額を振り込む形式でプロジェクトが進む案件なら、安心して取り組むことができそうです。いくつかプロジェクトを完了して実力を認めてもらえるようになったら、前金で全額振り込んでもらえることもあるでしょう。具体的な報酬の金額は、その在宅プログラマの技能や実績に応じて変動します。

応募条件の例

まずはプログラマとしてのスキルが求められます。MySQLはもちろんのこと、Perl、PHPを組めることが必須。その他、Java、アクションスクリプト、Flash等の知識があればなお良しです。実務経験は3年以上あることを条件とする求人も多いです。動画サイトやアプリ開発の経験者は優遇されることも。
なにより重要なのは、やる気です。途中でプロジェクトを放棄されては困るので、きちんと最後まで責任を持って仕事を完了してくれる方が望まれていて、納期厳守は絶対条件です。たとえ在宅業といえども、社会人としての最低限のマナーは守らなければなりません。また、きちんと連絡を取れるかどうかのチェックが入ることもめずらしくないので、電話番号・メールアドレスなどの連絡先が必須です。
フリーランスプログラマに在宅案件を発注する企業は、フリーメールは不可としているケースも少なくありませんので、プロバイダメールやキャリアメールを準備しておくと良いでしょう。

在宅案件の探し方

フリーランスプログラマとして在宅案件を探す場合、知人や前の勤務先から仕事をもらうのがもっとも多いケースのようですが、そんなあてがないという人は、ITフリーランス専門のエージェントなどを活用すると良いでしょう。アットエージェントはITフリーランスを全力サポートしてくれるエージェントとして知られています。

フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

Copyright © 2014 フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】 All Rights Reserved.