フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

自宅で働くフリーランスプログラマの在宅ワークスタイルを紹介!

フリーランスプログラマの在宅ワークとは

フリーランスプログラマの在宅ワークとは

パソコンと開発環境さえあれば、どこでも仕事ができてしまうプログラマ。会社に行く必要ってあるの??自宅でもできるけど?と思っているプログラマもいるのではないでしょうか。実際に、自宅で仕事をしている在宅形式のフリーランスプログラマは増えてきています。

フリーランスの在宅プログラマ

フリーランスの在宅プログラマ フリーランスの在宅プログラマ 最近では、自由度の高い働き方を求めて「フリーランスの在宅プログラマ」になる方が増えつつあります。本来、会社に出勤して現場で行うべきプログラミング作業を自宅で行うことができるので、生活スケジュールを自分の好きなように調節できるメリットがあります。しかし、開発環境が小さくなる以上、サラリーマン時代に比べるとどうしても収入リスクが高まってしまう欠点もあります。フリーのプログラマは個人事業主であり、手堅く稼ぐためには経営センスが必要。収入源が途絶えないように複数の仕事を受注するなど、工夫を講じることが大切です。

フリーランスの在宅プログラマの作業環境

フリーランスの在宅プログラマの作業環境 フリーランスの在宅プログラマの作業環境 VPNなどの通信環境やコミニュケーションツールの発達に伴い、リモート作業は非常に快適なものになっています。環境を整備すること自体、そのハードルも高くありません。但し、リモート作業の弱点は、一緒に仕事を行っているチームのメンバーと雰囲気を共有できないことから、人と人との信頼感を熟成させる機会が少なくなってしまうことであることを、十分意識して、チャットや音声通話・画面共有・動画による対話などをスポット的に活用~突っ込んだ議論をする時はリモートではなく、実際にオフィスに行って顔を合わせて仕事を進めることが大切です。

プログラマの在宅ワークのメリット

プログラマの在宅ワークのメリット プログラマの在宅ワークのメリット 在宅でプログラムの仕事を行う場合、メリットとしては、仕事に取り組む前に職場へ通勤する時間をカットできたり、自分で時間を有効に使えることです。また、エアコンなどを自由に設定できて、自由な環境を自分で設定できる事も良い点です。パソコンなどの備品に関しては、自分で調達する事ができます。好きな時間に食事をしたり、睡眠をする事ができる点もメリットです。一人で作業をしている場合、他の人と会話によるコミュニケーションがないので、今までのコミュニティの社会を振り返って、人との触れ合いの大切さが分かってきます。

プログラマの在宅ワークのデメリット

プログラマの在宅ワークのデメリット プログラマの在宅ワークのデメリット プログラムの仕事を自宅で専門としているプログラマは、基本的に自宅でパソコンを操作する作業を行います。オフィスでの作業と違って、パソコンの作業中は他の人と干渉する事がほとんどないです。デメリットとして、仕事に取り組む際に成果にならなかったというプレッシャーを受けて、抑うつなどの精神状態になってしまう事です。また、他者との交流がない事によって、自宅の外で他の人と交流したいという精神状態に陥って、仕事が進みにくい点もデメリットです。仕事をしていて、他の事をしたいなどで精神状態が不安になったら、コーヒーショップなどに行って精神を落ち着かせる事が大事です。

フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

Copyright © 2014 フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】 All Rights Reserved.