フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

リモート環境を整備!在宅で働くフリーランスプログラマの作業環境をご紹介

フリーランスの在宅プログラマの作業環境

在宅で仕事をこなすフリーランスプログラマがプロジェクトチームのメンバーとして働く場合、情報伝達等のためのリモート環境整備が必須です。在宅であっても、あらゆる面でコミュニケーションは欠かせません。

コミニュケーションの大切さ

リモートで作業をし、仕事をこなしていくことは、各人の性格にもよりますが、VPNなどの通信環境やコミニュケーションツールの発達に伴い、近年では非常に快適なものになっています。
特に、毎日会社に出社することに慣れている人がリモート作業を行う場合、独り離れて仕事をこなし、仕事を一緒に行っているチームのメンバーと雰囲気を共有できないという弱点があるので、コミニュケーションをいかに高いレベルで行うかということが重要となります。
ではチームとの連絡や情報共有手段は、どのように確保すれば良いのでしょうか?まずはチャットで、チャットでも不足する場合には、音声通話・画面共有・動画による対話などをスポット的に活用します。さらに突っ込んだ議論をする時は、やはり顔を合わせての打ち合わせとなり、オフィスに出張するというステップになると思います。
つまり「リモートのみの作業で仕事が完結する」ということにはならないと思います。リモートで作業する問題点は、チームのメンバーと雰囲気を共有する機会が少ないということです。これは、経営上重要な「人の統制」という観点からは、リモートのみの作業環境はマイナスに働くと考えます。つまり、パソコンの中の成果物のみのドライな関係では仕事は続かず、結局、「仕事とは何をするかではなく、誰とするか?」という、仕事を一緒にこなしながら雰囲気を共有し、人と人としての信頼感が熟成され、チーム意識が芽生えることが大切だと感じるからです。
結局、「企業は人の集まり」なのです。

オフィスの作業環境を整えるツール

在宅オフィスの作業環境としては、仕事環境を整える事が大切であると考えます。
ホームオフィスで欠かせないツールは、下記の様なものです。
①肝心な時にバッテリー切れを心配しなくてよいヘッドセットです。長時間つける可能性があるなら付け心地の良いものを選ぶべきです。
②仕事に集中するために静かな場所が必要です。
③常時接続の様な安定した通信環境が必要です。万が一ですが、常時通信が使えない時のためにスマホのテザリング等、予備となる通信環境も準備しておくべきでしょう。
④Skype&SkypeOutは、チャットツールですが、有料のSkypeOutを使うと、固定回線に電話をかけることができる様になります。
⑤電気ケトル/ポット&大量の水は、仕事の休憩時の気分転換にかかせません。
⑥パソコンのソフトウェアについては、緊急メールだけをピックアップしてSMSなどに転送してくれるAwayFind、海外クライアント向けに時差を計算してくれるTime And Date’s World Time Clockなど、在宅ワークの強い味方になってくれる優秀なソフトウェアはリサーチして活用すると良いでしょう。

フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

Copyright © 2014 フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】 All Rights Reserved.