フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

在宅のフリーランスプログラマって、どういう働き方?その概要を紹介します

フリーランスの在宅プログラマ

プログラマの就業形態と言えば、IT企業やゲームメーカーなどの会社に就職して現場で働くのが一般的です。しかし最近ではフリーランスとして働くプログラマが増えており、自宅でプログラミング作業を行うワークスタイルが普及しつつあります。フリーになれば一つの会社の規則に縛られる必要が無くなり、自分のスケジュールを自分で調整しながら働くことができます。自由度の高さが非常に魅力的であり、現代人にマッチした働き方と言えるでしょう。興味のある方のために、フリーランスの在宅プログラマの実態についてご紹介しましょう。

在宅プログラマの作業環境

「在宅プログラマ」という職業名通り、フリーランスの在宅プログラマは主に自宅でプログラミング作業を行っています。しかし、自室から一歩も出ずに全ての仕事をこなせるわけではありません。クライアントとの打ち合わせの際には現場に出向くことになりますし、自宅以外の場所に事務所を構えている方も少なくありません。
とはいえ、会社勤めのプログラマに比べれば圧倒的に外出する機会は少なく、ビジネスとプライベートの時間を容易に調節することが可能です。締切さえ厳守すればよいので、自己流のタイムスケジュールを組めるのも在宅プログラマの特権と言えます。

在宅プログラマの収入

複数人で共同作業している方もいますが、大抵の在宅プログラマは個人で活動しています。自分一人で完了できる分量しか請け負えない以上、自然と開発規模が小さくなってしまうのが難点。一件当たりの報酬は100万円前後が相場です。
「一回の仕事でそんなに貰えるのか!」と思った方がいるかもしれませんが、現実はそんなに甘くありません。在宅プログラマの報酬は、受注した仕事の完了後、納品および検収が終わってからやっと手にすることができます。早くても数か月、時には一年がかりの仕事になる場合もあります。裏を返せば、その間まったく収入が無い状態になってしまう可能性もあるという事です。
この経済的リスクを避けるためにも、多くの在宅プログラマは複数の案件を並行して手掛けています。これなら、仮に一つのプロジェクトが破綻しても全ての収入源が途絶える心配がありません。フリーとして活動するなら、こうした収入面の管理も自分で行う必要があることを覚えておきましょう。

在宅プログラマになる際の心得

いざフリーランスの在宅プログラマになろうと思い立っても、仕事が軌道に乗るまでには苦難が伴います。個人で活動しているプログラマは、スキルだけでなく信頼性も求められます。素性の分からない未経験者に仕事を依頼する物好きなクライアントはまずいないでしょう。まずは、クラウドソーシングサイトなどを活用して小規模な案件から始めてみてください。数万円程度のシンプルな仕事なら、未経験者でも簡単に参加することができます。実績をあげていけば、やがては大型案件に挑戦できるチャンスが広がっていきます。

フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

Copyright © 2014 フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】 All Rights Reserved.