フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

在宅プログラマは深刻な抑うつに襲われる?在宅ワークのデメリットについて

プログラマの在宅ワークのデメリット

フリーランスプログラマの在宅ワークは、常に一人でパソコンと睨めっこしながらパソコンでキーボードの操作をして、プログラムをひたすら組む作業を行います。一人でいる状態が長く続くので、憂鬱と退屈さと外部の誘惑に負けないように戦わなければならないのです。

自宅での勤務を行う場合の精神状態

自宅で仕事をすると、結果的に他の人間からの面と向かってのコミュニケーションがなくなる傾向があります。会社にいれば、現場でミーティングをしたり、同僚の話を聞くなどの割り込みが入る事によって気分的に楽になりやすいので、孤独感に陥らずに精神を安定した状態で維持しやすいです。
一方で、自宅で仕事を行う時は、他の人間からのお節介や愚痴を聞かなくても良いという点もあります。時間を自由にコントロールできる事も良いですが、セルフコントロールに関して不十分な事がデメリットです。人間の集中力は、30分から長くても90分が限度と言われ、ある程度集中すると脳が疲れてくる性質を持っています。自分自身で休憩時間のコントロールをしなければならず、それが仕事にも影響してくる傾向があるので、かえってオフィスで仕事をするよりも効率的でない事もあります。

成果に対する精神状態のデメリット

自宅でプログラムを組む仕事をしていると、仕事を終えた時にも成果に関する実感が湧かない事が多いです。在宅ワークでのプログラムの成果物に関しては、基本的に直接上司に手渡すわけではないので、成果の度合いを自分自身で把握しにくいです。結果として、成果物を評価する立場の人がいないということにより、仕事をやりきったという精神状態にならない点がデメリットと言えるでしょう。
在宅でプログラムを組む際、外部的な要因で気が散ってしまい本来目指していたものよりも精度が落ち、自身が余計に落ち込んでしまうケースもあります。様々な要因により自身の調子が悪くなること事で、仕事の非効率性の部分に関して言えばデメリットの部分が目立ちます。しかし、皆さん人間なので調子の良い時もあれば悪い時もあるという事を鑑みて、精神を楽にさせてあげる事が大切です。

一人で仕事をしていて抑うつに陥る場合

人と出会わなかったり、自宅で会話をしないで仕事をしていると、人間の本能として寂しいという気持ちが生まれやすいです。一人でいる期間が長ければ長いほど人と出会いたいという気分に陥る場合が多いようです。
プログラマの場合は、パソコンでの作業しか行わないケースが多く、仕事の忙しさによっては他の事もできないほどいろいろな部分を我慢せざるをえなくなるかもしれません。しかし、いくら自宅での仕事が忙しかったとしても、我慢の度合いが過ぎると抑うつになりやすいです。抑うつに陥る事で自分自身が自分を理解できなくなり、仕事の成果に思い悩んでしまうことも考えられます。従って、仕事に取り組む場合は計画性を持ち、息抜きにコーヒーショップなどに行くことも自己管理の方法の一つです。

フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

Copyright © 2014 フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】 All Rights Reserved.