フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

フリーランスプログラマが在宅ワークで働くメリットとは?

プログラマの在宅ワークのメリット

フリーランスプログラマが在宅で仕事をする場合、上司の厳しい言葉などを受けないで、基本的に自分で立てた計画に沿って進行できる事が良い点です。在宅ワークは職場に出向く必要がなくて、自分でプロジェクトを立てて、基本的に納期に間に合えば良いので、ある程度気楽にできる事がメリットと言えるでしょう。

在宅でプログラムを組む仕事を行う場合のメリット

在宅で仕事を行う時には、職場へ向かう通勤の時間をカットできて、すぐに自宅で仕事に取り掛かれる事が最大のメリットです。自分の設定した好きな時間でプログラムを組める事で、時間を自由に使えることができます。
仕事で使用するパソコンなどに関しても、必要な分を自分で取り揃えれば良いです。仕事場の環境は、例えば部屋の中が暑いと感じれば、自由にエアコンの温度を設定できます。好きな時間にご飯を食べる事ができますし、眠くなった時も納期に差し支えなければ好きな時間で睡眠を取る事ができます。勤務時間や休憩時間は自由であったとしても、納期を守るなどの最低限のマナーは守らなければならないです。基本的には在宅ワークでのプログラマの仕事は、孤独での作業になります。しかし、最近はスカイプなどを利用している会社もあって、コミュニケーションが取りやすい環境になっています。

人間関係に苦労しない

普通のオフィスで働く場合は、原則的に社長や責任者などの上司からの指示で仕事に従事します。ビジネスの現場では、仕事に対する結果が求められて、結果が出せなければ厳しく叱責されます。また、同僚や上司などからの嫌がらせなどで、人間関係に苦労する場面が多いです。一方で、在宅ワークとしてプログラマの仕事をする場合、直接的な仕事の指示はメールやスカイプで行います。クライアントの要求通りに行えば、基本的に叱責される事は少ないので、人間関係に苦労しないで良いことが大きなメリットです。また、仮に在宅で仕事を行ったとしても、家族がいれば仕事をしている最中に孤独感を感じない事も良いです。

コミュニケーションの重要性に気付ける

プログラムの在宅の仕事を行う際には、直接的に対面する人との横のつながりがない事が問題点です。しかし、在宅のプログラムの仕事を行っている際に、コミュニケーションがない事によって、コミュニケーションの重要性を気付かせてもらうというメリットもあります。
今まで学生時代の友人や知り合いなどと付き合って、他の人と会話などで触れ合うという行動を長期間行わなくなります。結果的に、コミュニケーションの大切さを考えて、他の人と会話する能動的な行動を意識する傾向です。今までコミュニケーションが取れるコミュニティを頂いていたという事に気付き、人と触れ合う事の大切さを理解してきます。

フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

Copyright © 2014 フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】 All Rights Reserved.