フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

フリーランスプログラマの在宅ワークにおける課題とは?

在宅ワークの課題

在宅ワークは、時間や働く場所にとらわれることなく、自宅で働ける事で通勤時間をカットできるメリットがあります。子育てや家事も直ぐに対応できる事で、仕事と家事の両立ができ大変便利です。あくまでも在宅でのビジネスとして働く意識を持ちながら、クライアントとの信頼関係を築くことが重要です。

在宅ワークはただ単に自宅で働くことを目指すのではない

在宅ワークは内職の仕事と形式的に相似していて、リモートワークとして時間や仕事の質にとらわれず成果を出す事が求められます。仕事の求める質がクライアントの要求と全く異なったものであったり、成果物ではないものを納品した場合は、当たり前ですが報酬につながりません。仕事で成果を出すためには、セルフマネジメントの能力を身につけることが優先です。
在宅ワークでは自分で自分の仕事を管理する事になるので、自分自身でマネジメントの能力を身につけなければならないのです。しかし、自分一人だけではクライアントが要求するスキルを完全に身につけることは難しいと思います。独学で勉強したり、仕事を提供する側と相談しながらスキルを身につけ、要求以上の成果を出す事が求められます。

リモートワークに参加するメンバーとの意思疎通の重要性

仕事を上手に運用するためには、報告と連絡と相談が必須のキーワードになります。会社ではさまざまな雇用形態として働く人が多くいて、在宅ワーカーも関連会社で働くメンバーの一人と考えなければならないです。
在宅の仕事について、上司などの報告や連絡に関しては、完全にシャットアウトされていて、仕事に関して孤立している傾向です。しかし、リモートワークとして円滑に仕事が回るためには、リモートワーカーとの意思疎通が欠かせないのです。
目標として、ワーカー同士やクライアントなどと意思疎通を取りながら信頼関係を築いていくことが基本です。

気軽に雑談や相談が出来るためのオフィスを整える環境とは

在宅ワーカーは、一人で仕事をする事が基本で、黙々と一人で仕事をしていると結果的に存在感が薄れてしまいます。従って、パソコンのメールだけではなくて電話やスカイプなどの通信手段を使って、自分の行っている状況を発信する事が大切です。また、仕事以外の雑談に関しては、オフィス外で行う打ち合わせとは違って、なかなか在宅ワーカーから介入する事が困難です。
重要な事は、リモートワークを提供している会社が在宅ワーカーに対して、もっと介入できる環境を整える事です。最近ではインターネットでのチャットの機能を強化したり、グループのチャットを導入して、仕事以外の雑談もグループ同士で積極的に行えるようになりました。全員がオフィスにいるような感じを演出するシステムを導入すれば、在宅ワーカーも一緒に働いている感覚に陥らせることができるのです。

フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

Copyright © 2014 フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】 All Rights Reserved.