フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

在宅ワークがはじめてのフリーランスプログラマは、気配を消さず、存在感を示すことを意識しましょう

はじめての在宅ワークで大切なこと

在宅ワークを中心に稼ぎたいというフリーランスプログラマの他、今の仕事をしつつ、さらに収入を増やしたい方や、子育てなどで家を出て働く事が出来ない方などで、在宅ワークをしたいと考えている方もいらっしゃると思います。しかし、在宅ワークが初めてだと言う方にとっては、何に気をつけて良いか分からない場合も多いと思います。そのような方は、以下の点に気をつけてみると、スムーズに在宅ワークを進めることができるのではないかと思います。

Skypeなどのコミュニケーションツールは必須

在宅ワークの場合、ミーティングはSkypeなどのチャットツールを使用して行う場合が多くあります。打ち合わせに出向く時間を短縮したいクライアントが多いので、必ずそれらのツールを入手しておきましょう。それに使用するマイクやWebカメラなども、不備のないようにしておくようにしてください。マイクやカメラなどに不備があると、打ち合わせや商談などにストレスが生じてしまい、相手側への印象が悪くなってしまいますので注意しましょう。

常に存在感を示す

在宅ワークとなると、会社に出勤するのとは違い、姿が見えません。アクションを何も起こさなければ、居ないのと同じことになってしまい、存在感が薄れてしまいます。在宅ワークは、仕事がもらえなければ収入を得ることも出来ません。常に存在感を示して、アピールする必要があります。チームなどで共有しているチャットやSNSなどで、挨拶やたわいもない会話などを適度に交わすようにしておきましょう。そうすることで、ごく自然にあなたの存在をアピールすることとなり、クライアント側としても依頼しやすくなります。在宅ワークのような顔の見えないやり取りこそ、密なコミュニケーションが重要になります。

自分の状況を伝える

在宅で仕事をする場合、休憩などは自分の好きな時にとることが出来ます。しかし、しっかりと状況をチームのメンバーに伝えておかなければ、席を外している事が分からずトラブルが起こる可能性があります。現在どのような状況なのか、ステータスを表示したり、一言伝えるなどして自身の状況を明らかにしておくことが必要です。在宅ワークをチームで行う場合は、それもマナーにもなりますので気をつけるようにしましょう。

文章や言葉遣いに気をつける

言葉遣いに気をつけることは社会人としては常識ですが、実際に対面しない在宅ワークではさらに気をつける必要があります。自身はそのようなつもりがなくても、捉え方によっては相手に失礼になってしまう言葉もありますので、文章でのやり取りをする場合は失礼がないように、何度か書いた文章に目を通しきちんと確認してから送信するようにしましょう。もう一度読み直すだけでも、失敗を避ける事ができます。

フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

Copyright © 2014 フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】 All Rights Reserved.