フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

ホームオフィスの環境整備や習慣で、プログラマの在宅ワークの生産性を上げる!

在宅ワークで生産性を上げるための方法

フリーランスプログラマとして自宅で仕事をすることになると、つい怠けてしまったり、オンオフの切り替えがつけられなかったりして、生産性が低下することもしばしばあります。そんなときはちょっとした工夫で生産性を向上することができます。

在宅ワークでより生産性を向上させるには工夫が必要

ホームオフィスの基本は、例えば 座り心地のいい椅子、適切にセットアップされたデスク、好きな音楽を再生できる環境、子供が近づかない対策などが最低限必要です。さらに、在宅ワークで、より生産性の高い作業を実現するためには、次に示す様な環境や習慣の工夫が必要だと考えます。

部屋に自然を取り入れる

生産性を上げるためには、集中力を高めることが重要です。良質な集中力はそう長くは維持できませんので、効率よく気分転換できる環境を整えましょう。気分転換に最適なツールは、自然のものを身近におくことです。植物の鉢植えを部屋の中に並べて置いたり、未塗装の木材を使用するなど、すぐ目にとまり気分転換がし易い、そんな自然を身近に感じられる環境を工夫するのもおすすめです。十分な自然光を入れたり、目を上げると外の景色が見える環境なども良いでしょう。リラックス効果も得られ一石二鳥です。

色に気を配る

ホームオフィスに使う色は、気分に大きな影響を与えることが分かっているため、部屋の色を、単純に家具に合わせるのではなく、目的を持った色使いをすることが有効です。例えば、集中する必要がある時には緑、クリエイティビティを発揮する必要がある時は紫、元気に仕事に取り組みたい時には赤やオレンジなどが良いといわれています。但し、赤やオレンジは多くの人には強すぎて逆効果になることもあるので、注意して下さい。

スイッチを入れる習慣をつくる

通勤は一般的には苦痛に感じますが、実は、これから仕事に向かうというスイッチを入れる、つまり、これから仕事をするという精神的な準備になっている場合もよくあります。在宅ワークの場合、通勤しなくて済むのはメリットでもありますが、いつまでもスイッチが入らないというデメリットもあります。
ラジオ体操をする、散歩をする、ストレッチをするなど、何でも良いので通勤の代わりとしてスイッチを入れるための習慣をつけると良いでしょう。

意識して規則正しい食生活を

食生活を規則正しくするよう意識することで、健康面はもちろんですが、生産性向上にもつながります。在宅ワークでは、キッチンが近くにあることから常にキッチンの誘惑にさらされます。食べることについては、空腹感の解消や気分転換に有効ですので、無駄にキッチンとオフィスを行ったり来たりしなくて済むように、ランチやおやつなどは事前に準備しておくのも良いでしょう。

フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】

Copyright © 2014 フリーランスプログラマ向け【在宅ワークラボ】 All Rights Reserved.